トップページへ
佐伯市とは
ごまだしとは
伝統的なごまだしの作り方
商品一覧
プロジェクト紹介
商品紹介
地元の商品取り扱い小売店
トピックス
お問い合わせ
エソの身とすりつぶしたごまを生かした保存食ごまだし
ごまだしの歴史

年間を通して水揚げが多い白身魚のエソ。このエソが大量に獲れたときに調理して保存しておけば、忙しいときでも簡単に食べられる。自然と生活を共にした漁師の家の台所から生まれたのが、ごまだしの始まりと言われます。いつの頃から食べられてきたのか、はっきりした記録はありませんが、佐伯市沿岸部の地域では、どの家庭でも郷土料理として食べられています。それぞれの家庭で作り方にこだわりがあり、微妙に異なる「家庭の味」があります。近年では飲食店のメニューとして提供する店も増えてきました。また鮮魚店などで瓶詰めのごまだしが売られるようになってきました。

佐伯の食文化とごまだし
「佐伯の殿様、浦でもつ」と言われたほど海、山の幸に恵まれた佐伯市。その海の旬を素材に職人たちが腕を競う、「世界一」と謳われる佐伯寿司を始め、昔からの製法で今も作られる干物や、新鮮な魚の身を贅沢に使ったすり身など、伝統の知恵と技は、しっかりと今に伝えられ、全国の食通をうならせています。

海を愛し、自然と生活を共にしてきた佐伯の民から生まれた独特の食文化。ごまだしもそんな食文化のなかから生まれてきました。豊饒の海の旨みを、ぜひ、ご堪能下さい。

pagetop copyright(c)2008Saiki-gomadashi.All rights reserved.